5話のネタバレ

神の乳母の5話のネタバレ

 

神の乳母の5話のネタバレ

 

 

それから数日たった今でも、毎日異形の面倒を見るためにこの家に通っている百合恵。

 

 

異形も、彼女の愛液でどんどん成長していきます。

 

 

まるで人間に近づいているかのように。

 

 

 

そんな理由もあり、最近では異形に対して恐ろしという感情はなくなっていました。

 

 

今では愛情が芽生えていたのです。

 

 

 

そんな彼女の気持ちの変化は体にも影響しました。

 

 

 

今まで母乳が出なかったのに、母乳まで出るようになったのです。

 

 

 

 

この日も数時間、異形の相手をし帰る時間を迎えました。

 

 

 

しかし、今日は彼女を追って玄関まで付いてくる。

 

 

 

 

背中に這い登ると、後ろからペニスのようなへその緒を彼女のマ○コに挿入した。

 

 

百合恵も嬉しそうに、

 

 

「あと少しだけよ」

 

 

その時です。

 

 

 

ピンポーンとチャイムが鳴り、誰かがやってきました。

 

 

ビックリした百合恵。

 

 

ドア越しに聞こえるのは旦那の声。

 

 

「こちらにお世話になっている杉山の夫ですが・・・」

 

 

 

「あなた・・・!?」

 

 

 

 

 

旦那はいつもより帰りが遅いと彼女を心配し迎えに来たのです。

 

 

 

その会話を聞いていた異形は、嫉妬しさらに激しくへその緒を出し入れする。

 

 

 

あえぎ声をこらえながら、

 

 

「まだ赤ちゃんが離してくれなくて・・・先に帰って待っていてくれる?」

 

 

そう言いながら、イかされながらその場をやりすごしたのでした・・・

 

 

 

>>6話のネタバレ